いつ強くなるのか!?今でしょ!

皆さん、こちらではご無沙汰しております。

今日はストリートファイターシリーズの完全新作、

『ウルトラストリートファイターⅡ』

の発売発表を記念してちょっとと書きます♪

よく対戦は年齢を重ねると反射神経や動体視力が落ちてきて
”弱くなる”なんて噂を耳にします。
そりゃあ人間だもの加齢と比例して劣化していく能力もあるのでしょう。

ただし!”対戦が弱くなる”に対してはハッキリと間違っていると言えます。
僕は現在45歳なので45歳までという注釈つきですがw

対戦、対人戦は反射神経や動体視力、いわゆる加齢とともに
衰えると言われるそんなたったひとつやふたつの能力に
頼って勝てるほど甘い世界ではありません。

自分で作り上げた総合的な”強さ”とは上記の他にも経験であったり
精神力・技術・試合へのアプローチなど様々な能力によって示されるものです。
昔から「あの人の反応は~、コマンドすげぇ~、」だけで
強かった人はいないんです。

ケン転向初期(1998年くらい)の僕は昇龍拳と投げという二択でしか
勝機を見いだせなかったため”強さ”のバランスという意味では悪かったと思います。
その頃はそれでも勝てれば良いと信じ込んで対戦をしていたのですが
やはり異質な強さというのは長続きしません。

キャラ対策や人間攻略の前に次々と壁にぶち当たって心折られました。
自分でも「昔より弱くなったなぁ~、勝てなくなってきたなぁ」と
感じている頃もありました。

しかし対戦ってそんな単純なものじゃなかったんですよね!
白か黒かだけ、勝った負けただけじゃなくいかに自分を高められるか、
理想とする試合を続けられるかに重きを置くことにこの上ない楽しみを見出せるようになりました。

もちろん勝負にはこだわります!負けていい試合なんてひとつもありません!

ただ”これを使っておけばOK”とか”この行動をやっておけば”とかははなくなりました。
逆に”これはちゃんとしないと駄目だろう”ってことを強く思うようになりました。

対戦に対するとらえ方が変わると不思議なもんでモチベーションは上がるし、
勝敗は時の運もありますが少なくとも対戦相手を恐がることはなくなりました。

何が言いたいのかっていうと新しいストリートファイタシリーズの
『ウル2』の発売によって新たな強者と出会うかもしれない
無限の興奮に動揺しているということです(笑)

10代の息子娘ほど年齢の違うプレイヤーや昔バリバリやっていた復帰勢、
どんなプレイヤーもまだまだいつでも強くなれるんです!

もちろん家庭用通信対戦ゲームとアーケードという違いはありますが
格闘ゲーマーが増えて盛り上がればいつかは拳を交じり合えるかもしれません。



世界には僕の知らないプレイヤーがまっだまだたくさんいる、これからも出会えるかもしれません。
ストⅡの神様がそんな強豪と巡り合わせてくれることを切に願います。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック