兄ケンの摩訶不思議冒険記

アクセスカウンタ

zoom RSS vsガイル 【兄ケンのXケン各キャラ対策 】

<<   作成日時 : 2017/05/29 23:18  

面白い ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

兄ケンの独断と偏見で
各キャラ対策を簡単に書いておきたいパート3

未来の自分へのメモがわり的なものなので
もしご覧になった方が「もっとこうすればええねん」など
ありましたら絶対に教えてください!(笑)
特にガイル戦はいまだに出口の見えない難しい組み合わせです。

どの試合もそうなんですがその日、その時の勝敗の結果よしではダメだと思います。
どんな意図をもって試合をし、ダメージをとって、相手のターンを切り崩しガイルに勝つのかが大切。
このプレイヤーなら勝てるけど、あのプレイヤーには勝てないのではいけない。


vsガイル

開幕は少し苦しい
@重心を前に置いた様子見(70%)
A波動拳(10%)
B踏み込んで足払いor投げ(10%)
C一文字or中竜巻(10%)


しゃがみ中足が長く、飛び道具であるソニックのスキも少ない要塞キャラ。
しかしひとつひとつの技の判定自体は強くないので読み勝てば十分戦えます。
対応型の王道をいくキャラなのでこちらとしてはそれ以上の怒涛の攻撃とワンチャンスをものにする勝負強さが求められます。

勝機があるのはやはり画面端に追い込んだ展開。
そこを逆算して試合をしていきます。
画面中央では強波動メインで陣地取りとプレッシャーをかけてガイルを動かせる。
強波動でおされるのを嫌っての遠目の先読み攻撃には弱波動対空としゃがみ中P、
波動拳の出際の相打ち狙いをしてくれば昇竜拳や大足(逆の選択肢として歩いて投げ)。

もし対空昇竜でダウンを奪えたら安全飛込からの投げと昇竜の二択、もしくは裏表ガードがわからないように真上に飛び込んでヒット確認からの大昇竜コンボ。
ゲージが溜まっていれば小足×2→ヒット確認昇竜烈破があるため非常に投げが通りやすい。

投げられる時に中K掴みか背負いのどちらを使うかはプレイヤーのタイプ次第でしょうか。
直接的にダメージが取れて裏表の二択に賭けるのも良し、背負って画面端もっていくも良しですね。

画面端は弱波動→踏み込み足払い波動or投げでガンガン攻めます!
ようやく有利な状況がやってきたのでやりすぎなくらいやってしまいましょうw

立ち回りも鳥かごも思い切りやっていいのですがガイル戦の一番大切なことは読み勝った時に最大のダメージをとること!
ここができるとガイルも迷いだします。

例えば安全飛込みにダブルサマーを出してきた時にはしっかり昇竜烈破をフルに入れる。
目の前のサマー空振りには画面端なら中足→大昇竜(その間合い以外はアッパー昇竜)。
読みがないときは安全に掴みや大足でも仕方がないですが読み勝っているときは妥協しない。

ソニック連打で陣地を取られると非常に苦しいので基本は前歩きガードなのですが
小ソニックだけは昇竜拳で避ける(画面内にソニックがあるためすぐに撃てない)、
時には前ジャンプや空中竜巻を入れるなどリズムを変えることも必要になりますね。


連続技は正面からジャンプ大攻撃→大P→昇竜拳(昇竜烈破も可)で安定。


スト2は最低限の知識があれば意識を高く(←ここが重要)試合を重ねていくだけでガンガン強くなります。
器用さも反応速度もあれば便利という程度なので気軽に対戦を楽しんでいきましょう。
つぎは・・・なにを書こうかな(笑)
ザンギ戦とかいいかも♪



画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
vsガイル 【兄ケンのXケン各キャラ対策 】 兄ケンの摩訶不思議冒険記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる