兄ケンの摩訶不思議冒険記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「重心を前にした様子見」 ってどういうこと?

<<   作成日時 : 2016/10/30 15:13   >>

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさんこんにちわー^^
僕のブログで頻繁に使っている「重心を前にした様子見」について
少し書かせて頂きます。

抽象的な言葉の裏側にある真意を汲み取って今後も僕のブログで
時間つぶしをしてくだされば嬉しいです(笑)





「重心を前にした様子見」というのは皆さんがしていらっしゃるように
飛び込みを待っていたり相手の攻撃をガードするまで観察していることです。
ほとんど全ての格闘ゲーマーが自然とやっていることだと思います。

ただ同じ相手を観察するにしても重心が後ろに、心が消極的な時には
相手の攻撃に耐えて耐えて、ようやく攻勢に出るときにも遅れてしまうものです。

攻められている時や不利な状況の時でもしっかりファイティングポーズをとって、
相手に「俺はいつでも攻撃の準備はできているぜ!」と相手を睨みつけている感じですかね(笑)


どんな人間でも飛び込み・地上攻撃・飛び道具・投げなど
すべてに対応することは不可能です。

どれかに絞りつつ他の選択肢の時に最小限度のダメージ、もしくは陣地を取られることに被害を抑えることで自分の攻勢時、有利なときのダメージを効率よく勝利に結びつることができます。

想定している選択肢が少なければ少ないほど精度が上がりますし、
相手にはこちらの選択肢を多く見せることでひとつひとつの精度を下げることができます。



単純な技術、反応、知識を超えた人間vs人間の醍醐味がこの部分にあるのです!



自分の攻略や考え方が正しいなんて思っていません。
もしかしたらバルログの爪やダルシムの伸びた手足に反応で
昇龍拳を当てることができるかもしれません。
それができれば対戦の理想なのですが少なくとも基本ではないと思います。

だからこそ自分で考え、他の価値観や攻略を柔軟に吸収し、
自分なりに理解を深めていける人こそが真の強いプレイヤーとなりえます。

僕のあまりにも抽象的と言いますか、経験。感覚に頼った攻略だけでは
勝ち続けられるかどうかわかりません。

このブログを読んで頂き、それぞれのプレイヤーの方々のほんの小さな
きっかけのひとつとなれば幸いです。
僕も文章に自分の考えを書き起こすことで理解も深まりますし反省したり
深く掘り下げたりすることができます。
こんな感じでお気楽に書いていきますので今後ともよろしくお願いします(^^♪




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「重心を前にした様子見」 ってどういうこと? 兄ケンの摩訶不思議冒険記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる