兄ケンの摩訶不思議冒険記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二回レシオマッチ in春日井50 Vol.1

<<   作成日時 : 2009/02/21 20:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2/15に第二回レシオマッチに行って来ました!
決戦の地は俺の第二のホームとも言える春日井50。

ルールはプレイヤーが42点の持ち点を予選3回に振り分け
8枠の決勝リーグ進出、そして優勝を目指すというもの。
詳しい大会ルールは某掲示板にも書いてあるので。
キャラの点数も個人的にはよく練られていてある意味全てのキャラ使いが
優勝を狙える日本では杞憂な大会である。

僕は

第一予選: Sケン(7.5) 予選抜け定員は3名

第二予選: Xリュウ(9) 予選抜け定員は3名

第三予選: Xケン×3(21プラスEXP3) 予選抜け定員は2名


第一予選は中部の強豪ARGに瞬殺(しかもベガに;;)
やっぱり普段使ってないキャラだと波動撃てねぇ〜><

第二予選はXマニアに続きナカム〜さんに惜敗。
自信のあるvs春麗にやられたのが悔しい><

サブキャラ陣全滅で遊び気分が吹っ飛び、野試合台でひたすらXケンを使いまくる。
周りを見るとオトチュン、つーじーも目の色変えて最終調整・・・って
あんたらも2回の予選負けてたのねw
出場選手表をよくみると最終第三予選にポイントの多くを割り振っている
強豪プレイヤーが多く、
「第一・第二予選はサブキャラで勝ち抜ければラッキー」
「もし負けても最終予選までに6人が抜けてるんだしポイントを多く残していれば・・・」
・・・という俺と同じ考えのプレイヤーばかりw


最終予選はEXPを使っているので全て得意の2P側!
しかもケン×3。
ブロック優勝するしか決勝トーナメント進出はないので
集中力MAX!殺気ムンムンでガンガン攻めまくるぞ〜!

ブロック準決勝で中部の兄貴@ガイル×3と激突。
長いスパンならともかく短期決戦の大会では比較的苦手とする
ガイル、しかも3体なので予選最大のターニングポイントである。
しかし不思議なくらい精神が落ち着いていて慌てずガイルを
画面端に追い込むことができ勝利!


ブロック決勝の相手は先日長瀬のタイマンで苦渋を舐めさせられた
つーじー@バイソン×2。
先日の反省を生かし色々と対策を練ってきたしバイソン×2に対し
僕はケン×3なので十分勝機がある。

つーじー対策っても今まで以上に波動を有効に、なおかつ数多く
撃つことでバイソンを自由に動かせないこと。
長瀬でやられた時はつーじーのプレッシャーに負けて
博打昇竜に頼る展開が多かったからだ。
起き攻めの精度と選択肢が向上したことで早くダウンを奪いたいと
甘い気持ちがどこかにあったんだと思う。

やはり強いバイソン相手に甘い行動は通用しないしやってはいけない。
博打昇竜ひとつとっても誘発されるのではなく
相手を動かせる状況で使わないとそうそうあたるモンでもないしね。

結果はケン3体目でなんとかバイソン2体を倒し滑り込みながら決勝トーナメント進出^^
反対側のブロックではオトチュンが決勝で敗退。




決勝トーナメント進出8名は

兄ケン
セキ
ARG
ゴトー
フタチャン
くすモンド
グンゼ
さわだ



いわゆる強キャラ使いと目されるのはARG以外は予選敗退。
これぞレシオ大会の醍醐味ではないだろうか。
では決勝トーナメントは・・・また書きますw























月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第二回レシオマッチ in春日井50 Vol.1 兄ケンの摩訶不思議冒険記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる